お花畑脳内の垂れ流しと備忘録

増田坦であり、櫻井坦寄りの嵐坦でもあり、セクゾも箱推しもはや事務所坦。無節操ですみません

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND 6/11@東京ドーム

オーラスのMCです。

下書きしてるうちにジャニWebや雑誌等でもレポが出てきましたけど自己満な備忘録として残します~
言い訳になっちゃうけど、メモするとき小山さんは”こ”手越さんは”て”って書いてるんですが
この”こ”を書くとき繋がって”て”になっちゃってる時があって、、
オーラスで書いてる途中で気づきました。来年はこの二人は漢字で書こう。 

もうオーラスから約半月も経ってるので記憶が怪しい・・・
雰囲気を受け取ってください~~~~
公演の感想も書きたい~!!

 


小「NEWSに会いたかったですか~?」
会場『イエーイ!』
バクステからメインステに向かうNEWSたち
小「ねえ!今手越がアイドルの顔してた!凄かったw」
手「やめろ!ちげえ!!」
小「そんな顔すんの!?w」
加「やってやって!!」
いつものキラッキラのアイドルスマイルの手越さん
メンバーには見せない顔なのか~
小・加・増「かわいいね~~!!」
加「前髪上げちゃってかわいい~」
手「ずっと上げてるよっ!」
小「ヘアピンしてる~」
手「もぉ!うるさい!」照れテゴかわいい
増「ヘアピンと言えば、手越がヘアピンしたままシャワー入った日あったっだろ!」
手「ヘアメイクチームが先に帰っちゃった日?」
増「その後に入ったら排水溝にヘアピンめっちゃあんの!!拾わないタイプ!俺、背中に水感じながら拾ったの!10本ぐらいあったわ!!」
小「手越ひとりのシャワールームじゃないからね?手越が入った後いつもキレイにしてるんだぞ!全部やりっぱなし!もう、ボディソープとか壁にぺちゃぺちゃ!」
手「え?流してから出てるよ?」
小「流してるうちに入ってないんだわw」
増「あと、脱衣所には水出しちゃいけないからね?」
手「あ、そうなの?wみんな拭いてから出てるの?」
小「てか、シゲ興味持とうか?w」
手「シゲ~!味方してよ~!同じ一人っ子じゃん!」
加「いや…ずっと見てたんだけど、それオレの可能性があるwだって家政婦小山がキレイにしてくれると思って!!」
家政婦は見た的な感じで壁から覗くポーズとしてる小山さん。でもカメラには背中しか映ってない
増「カメラ映ってないww」
ようやくメインステへ
小「やってきましたよ!東京ドーム」
増「ありがとう~!」
小「暑い衣装脱いでいい?」
増「もっと話そうよ~~」
手「水分足りなくなっちゃうよ~」
増「脱ごう!!すぐ脱ごう!」いいんだw
それぞれお水を飲むNEWSたち
手「シゲ~なんか面白いこと言ってー」
増「シゲ繋いどいて!」
手「6万人の笑い取らんかい!!」
加「おおうっ!取ったろうやないかいっ!!!」
増「このツアーでもね、シゲのMCぶりが凄かったよね!会場にシゲがいてくれて良かった!」
加「突然のシゲ上げなに?wどうした?ww」
増「みんなもそう思わないかい!!?」
会場「シゲー!」シゲーって叫ぶことになった流れあったはず・・・失念しました。
加「シゲの声足りない!」
小「じゃあさ、ひとりづつやろう!?小山に会いたかったか~?」
会場「イエーイ!!」元気いっぱい
増「ちょっと待って、小山の時は下げ気味にね、徐々に大きくね!」
一旦シゲさんに捌けてもらうことに
加「MC中に捌けさせるww」
手「シゲにおもてなしをね!」
加「大体なにするか分かってるけどな!」
シゲさん捌ける
手「じゃあ、みんな準備はいい!?シゲ~って言ったらイエーイって言ってね!」
と言いつつ『シー』の顔するコヤテゴマス
シゲさん戻ってくる
小「じゃあ、もう一回ね!まっすー!」
会場「イエーイ!」
小「手越ー!」
会場「イエーイ!」
小「慶ちゃ~ん!」
会場「イエーイ!」
小「シゲ~!!」
会場「・・・」
息ぴったりw
こういう時って空気読めない人がいるんだけど
NEWSファンは素直だよね!素晴らしい!
加「おおおいっ!!!大体わかってたけどな!!てかモニターで見えてたけどな!!!」
小「すごいよねw無音で一つになったよねwww」
加「強い心でいってやる!やってやらあ!」
増「そういえば、あやめの何とかまにまにって言ってるの間違ってない?」
加「間違ってないよw」
小「マニー?money?お金?」
加「お金じゃねえ!」
手「まにまにまに~♪マミー?」黄金伝説のヤツ歌ってた
小「お母さん!?」
加「マミーでもねえ!!」
増「あやめもう一回見せてよ~!」
手「見たい見たい~!」
加「テレビでやるだろ!」
増「うわー醒めるわ~!」
加「どっかで見れんだろ!ただでさえシゲの機嫌悪いっていうのに!!」
増「オレらであやめ、やる?」
手「ピカソよりゴッホより?」
加「永野じゃねえよ!」
センステに向かう3人
小「今日、モニターでシゲのソロ見ててさ、登場したと思ったらパタンって倒れたの!」
増「貧血?」
小「あかーん!」コヤママ心配
手「1.2.3.4のシゲの顔イケメンだよね!」
増「あと、こんなヤツあるよね」顔の前で手を動かす振りをかなり盛ってやってたw
加「そんなハエ的な動きしてねえわw」
パタンと寝転ぶ3人、そして暗転wスタッフまで!
加「怖いんだけどw」
曲が流れだして本当に歌いだす手越さん
そのあとも3人で順番に歌いだす。しかもちゃんと歌割されてるw
振付もほぼ合ってるし
紙で切れた指先のように~からのラップまっすー完璧、かっこいい
本編と同じようにクレーンも上がって登りだす小山さん、でも怖いみたいで
「こわいー!」と叫んでた
ゴッホも描けないほどののとこは
永野の髪かき上げるやつやってたw
手越さんがラッスン!って掛け声してた気がする
即興なのにテゴマスの歌声が美しい
Jr.くんたちも出てきてちゃんと踊ってる
1曲まるっと歌いましたw
増「Jr.もありがとう!」
加「Jr.アドリブ効かすな!」
増「小山が悪ふざけのために高いところ登るっていうね」
小「すごい怖い!」
手「では、ご意見番の意見を聞いてみましょう!加藤さ~ん」
加「てめえら、いい加減にしろっ!!人がどんな思いでこの曲を作ったか!!」
増「シゲいたの?」
加「いたね!全部見てたね、まぁまぁ歌うまかったよ」
手「あやめ好きなんだよ~」
増「ラップのとこもっと完成度高めたかったね」
加「見てただけでよく出来たよ!ほめてやらあ!」
小「それだけ好きなの」
加「愛は感じた。ありがとう!でも来年は絶っ対、最後にソロやってやる!こんなMCどうすんの!?DVDなるぞ!」
増「ラップのとこもう一回やらせて?」
小「クレーンのとこもちゃんとやる!」
手「ノックノックのとこちゃんとノックノックしてたのに小山さんが怖がるから~(映らなかった)」
加「カメラさんアドリブw」
増「疲れたからシゲしゃべって」
加「勝手にやっておいて・・・」
手「シゲの声聞いてない!」
加「そうだな!wシゲちゃんの出番無かったかんな!!!」
増「また、3人であやめやろ!その時は完璧な状態でやりたいなって思います!」めっちゃキメてる
手「パフォーマンスにはこだわりがあるからね!」
増「ツアーは終わるけど、NEVERLANDは続くからね!」
小「あやめ生きてる!」
加「ちょっと!!!あんた達いい加減にして!ちゃんとMCやって!男子!!」シゲ美現れたw
小「え~!いいんじゃない?」
加「去年はトイレ行って!今年は人のソロやって!!」
増「決めてやるのもさ、そこに囚われるのもね?」
加「かっこつけて言うなw」
手「みんなにセリフ聞かせんのか??」
加「だからと言ってソロをやるな!!」
小「やりたいとかじゃなくて、降りてきたんだよね」ドヤ
加「オレの演出!!!作詞作曲プロデュース、加藤シゲアキだから!!降りてきたのわしだから!!!」
手「シゲシゲ!Don’t think」
加「Feelじゃねえ!!!」
手「テゴースリー!」3ピースしてる
加「ブルースリーのスリーは3じゃないなら!!!!しっかりやれよ、NEWS~!!」

小「ツアーは今日が最後ですが、、今年は14年目で、来年に向けて15周年イヤーになるんでね」
増「こっから15年全部あやめ!」
加「他のソロも歌わせてくれよ~」
増「あやめはかく語り」
加「それ、ヴァンパイア!!w」
増「あやめcoming」
手「あやめ咲け~~~!ってやんの?ww」
小「皆さんと一緒にお祝いしましょうね!」

手「そう、今日話してたんだけど、みんなが20代のシゲちゃんに会えるの最後だねって」手越さんてたまにこういう乙女発言あるよね
加「手越もじゃないの?」
手「いや~!11月11日までには何かしら会える機会欲しいよね!」おねがいします!
増「30になるの違うよね」
手「10の位が変わるってのはデカイ!」
小「10の位ってwww小学生かw」
手「19から20はお酒とかタバコOKになったり出来ること増えるじゃない?三十路ってどうなの?」
小「涙もろくなる!感情を抑えられない!」
加「感情コントロール出来るようになるんじゃないの?」
小「もうね、全部知ってほしい!どうやっても小山は小山!」
加「いや!大山になるかもよ?w」
手「一回、中山挟も!」
増「海外行ったらスモールマウンテンね!」
小「あ!Jr.の影山くん今日誕生日だよね!おめでとー」山繋がり?w
ここでMC終了の汽笛、、、

小「いやぁ、、、まっすーはドーム喜びの場所じゃない?どうなの?」
増「まあドームに対しての思いは強いけどね、1番とかではないかな。Kinkiさんのバックでドームに出た時に『すごいな!いつかこのステージに立ちたいな』って思ってて、夢って夢の途中って言うけどそれって夢が少し叶ってる部分もあるんだよね。だから…ありがとう」
照れた笑顔が最高にステキでした・・・涙
小「シゲは?」
加「10周年で4人でドーム立った時はすごく感動したし、そこから毎年ドームでやらせてもらえてるけど本当に嬉しいなって!当たり前じゃないなと思います」
4人「ありがとうございます」
小「手越は?」
手「オレ、アリーナもすごく好きなの!みんなの近くに行けてみんなの表情も見れるし、でもドームはドームでもう奇跡の場所だよね!この人数で一つのものを作るって奇跡だと思う。毎回思うけど、夢みたい!」
小「この人数同じスケジュールだもんね」まっすーの言葉が浸透して来たね
手「お互いが両想いだもんね!ありがとう」
増「おまえ(小山さん)も言った方がいい」
小「おまえって!まっすーは先輩だからな…。オレはね、小学生の時に東京ドームで巨人の選手のノックを受けれる券が当たったの!8人くらいしか当たらないヤツでさ!だからオレは野球選手になって東京ドームに立つんだ!って思ったらアイドルで立ってる!!!!」
手「すごいことじゃん!だって野球は野球が好きとか、チームが好きで集まるのにアイドルは4人が好きで観に来てくれるんだよ!」
小「嬉しいよね、ありがとう」

小「そろそろ汽車に乗らないとね」
加「結構待たせてるよねw」
増「ミスターインポッシブルがもうプンプンですよ!プンプンインポッシブルだ!」
加「待って!オレだけイエーイ言われてない!!シゲ拗ねる!」
手「全員のシゲね!」
増「じゃあ一旦持ってるもの置いて、手ぶらでね!」
小「深呼吸して~~」
加「のどちんこ気を付けて!」
手「後半も声出すとこあるからね!」
小「シゲMAXでね!」
増「1.1.1.10くらいでね!欲しがるからね~」
はりきる会場
小「すごいwwみんなのゲートインな感じがw」

小「じゃ行くよ!小山に会いたかったかー」
会場「イエーイ!」
小「手越に会いたかったかー」
会場「イエーイ!」
小「まっすーに会いたかったかー」
会場「イエーイ!」
小「シゲに会いたかったか~」
会場「イエーーーーイ!!!!」
めっちゃ嬉しそうなシゲさん、ダブルピースでキラキラな笑顔~!
加「すげえ!!!」
小「すごいけどw俺らに手、抜き過ぎw」
増「やきもち焼くよね」
小「今日はドーム一つになるね!!」
加「外の人びっくりしたんじゃない?『シゲ!?何っ??』ってwwありがとう!」
(メモに口パクありがとうって書いてるんだけど記憶がありません、時間経つとこうなる!すみません)

増「これだけ声が出るって分かっちゃったからね!」
小「そうですよ!みなさん!期待してますよ!!」
捌けるテゴマスシゲ
捌ける時シゲさんがスキップしてた。今日はシゲさんがドリンクのかご片付けてました。
小「今、シゲがスキップしてたよwwwシゲのスキップ久しぶりに見たw後半もステキな旅にしましょう!行きますよ!アン・ドゥ・トロワ!」

以上です~~!!!

個人的な感想としては
ちょっとおふざけが過ぎたかな、と。。。
中島健人先生もおっしゃってましたけどソロ曲は宝物だからね。
シゲさんの寛大な人柄とメンバーの関係性あっての事だとは思うけど、、、
3人がわいわい歌ってるの見るの楽しかったけど、、、
あやめの世界感が好きなのですこし複雑な気持ちになりました~
困った時のシゲいじりみたいな・・・シゲなら面白くしてくれるってことかね。
まあ、あやめに関しては歌いたかっただけかもしれないけどw
3人とも自由だからシゲさんのツッコミが本当に重要だよね。ありがとうございます。(←どの目線)
でもソロ曲を違う人が歌うの見るの好きなので
15周年はソロ曲シャッフルとか楽しそう!!是非!
まっすーにDreamcatcher歌ってほしい・・・おやすみ言われたい←